完全予約制!(急患は随時受付け)CFC認定病院のまるつか動物病院

受付時間
9:00~12:00
15:00~19:00
※休診日:木曜・日曜午後・祭日
※完全予約制(急患は随時受付け)
045-832-4111(ヨイワンワン)

〒234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台8-7-45

  • 電話
  • メニュー

避妊・去勢について

犬の性成熟と避妊

早ければ生後半年、遅くても生後1年もすると女の子はシーズンを迎え、男の子は異性に興味をしめすようになります。
精神面で大人になるには2年といわれていますが、身体は思いの他早く成長します。
愛犬の変化にうろたえないように「性的に大人になる」ということを頭にいれておいて下さい。

女の子の場合

大人になると発情期(シーズン)がきます。発情期の間隔は4~13ヶ月とその子によってまちまちですし間隔が一定でない場合もあります。
また、幾分は日照時間の影響による季節性があり、実際、晩冬~早春、晩夏~初秋に発情する子が多くみられます。
発情中は、食欲の減退、頻尿、トイレの失敗、情緒不安などをしめすこともあります。発情期は次のような経過をたどります。

* 数字に関しては諸説がありますので、日数は目安と考えて下さい。

発情周期:
発情前期→ 発情期→ 発情後期→ 無発情期(発情休止期)
発情周期:
平均5~9日間陰部の腫大と膣からの血様おりものが認められ、始めの頃はオスを拒絶するが、中頃から終わり頃には受動的な態度になる。この時期はオス の興味はひくが交尾は許さない。
* 血様おりものは人間の月経出血とは異なるものである。
発情期:
平均7~12日間陰部の腫大は最高となり交尾を許し、受胎能力も最高となる。
発情後期:
平均7~10日間(発情後期の定義によりかなり異なる)発情行動は消失する。

男の子の場合

特別に発情期というものはありません。発情した女の子に反応するようになります。
尿の臭いが刺激臭をおびたり、成熟したオスイヌの本能に起因する問題行動が現れたりする場合があります。

避妊・去勢手術

メスで子宮と卵巣、オスで睾丸を摘出します。獣医学的見地からはは手術をお勧めしますが、結論を出すのは飼い主さんです。
手術についてよく理解し、生活環境なども考え合わせて、飼い主さんとその子にとって良い選択をなさって下さい。
わからないことがある、結論をだしかねる、そのような時はご相談下さい。

手術の結果

避妊手術:
乳腺腫瘍の発症率がかなりの確立でおさえられる。子宮蓄膿症に罹患する心配がなくなる。
イヌも人も発情に伴うストレスから開放される。
去勢手術:
肛門周囲腺腫、前立腺肥大などオス特有の病気の発症率が低くなる。尿の刺激臭がほぼなくなる。
性格的な変化として攻撃性が減退し温和になり、人との結びつきがつよくなる傾向にある。(ただし生れついての個性まで変えてしまうものではない)
手術による悪影響はほとんど考えらません。ホルモン代謝の変化により肥満する場合がありますが、術後の肥満に関しては他の原因(食餌量、間食、運動量) によることが多いようです。

避妊・去勢手術

将来的な病気の発症率を下げる意味では、メスでは最初のシーズンを迎える直前(約生後6ヶ月)が良いとされていますが、その他にも考慮すべき問題があり、いつがベストかはその子によって異なります。
生後5ヶ月くらいになって、手術をお考えのようでしたらご相談下さい。

猫の性成熟と避妊

早ければ生後半年弱、遅くても生後1年もすると女の子はシーズンを迎え、男の子は異性に興味をしめすようになります。
精神面で大人になるにはまだしばらくかかりますが、身体は思いの他早く成長します。
愛猫の変化にうろたえないように「性的に大人になる」ということを頭にいれておいて下さい。

女の子の場合

大人になると発情期(シーズン)がきます。

  • 交尾排卵です。交尾による膣の刺激が排卵を誘発します。自然排卵の人やイヌと違う点です。
  • 季節的多発情動物であり、日照時間が周期の季節性をコントロールするといわれます。 我が国では早春に最大のシーズン、俗にいう「ネコの恋の季節」がきますが、それ以外の時期にも発情を迎える子がいます。
  • 平均発情周期は14~21日、通常3週間くらいで、シーズン中一定間隔で発情行動を示すのではなく、ふつう何回かの発情周期が連続し、その後、非周期的な行動を示すようになります。シーズン当初、または間に休止期(微弱発情)がみられる場合もあります。
  • 発情周期:
    発情前期。1日もしくはそれより短い。発情期特有の行動は見られるが雄は拒絶する。
    発情期:
    6~7日間。発情期特有の行動が著明になり雄を受け入れ交尾可能となる。
    * 血様おりものは人間の月経出血とは異なるものである。
    発情後期:
    特有の行動も観察されなくなる。1~2週間後に始まる次の発情前期までこの期間が続く。

男の子の場合

特別に発情期というものはありません。大人になると発情した女の子に反応するようになります。
尿の臭いが独特な刺激臭をおび、なかにはスプレイ行為(いわゆるカケション)を始める子がいます。

避妊・去勢手術

メスで子宮と卵巣、オスで睾丸を摘出します。獣医学的見地からはは手術をお勧めしますが、結論を出すのは飼い主さんです。
手術についてよく理解し、生活環境なども考え合わせて、飼い主さんとその子にとって良い選択をなさって下さい。
わからないことがある、結論をだしかねる、そのような時はご相談下さい。

手術の結果

避妊手術:
乳腺腫瘍の発症率がかなりの確立でおさえられる。子宮蓄膿症に罹患する心配がなくなる。ネコも人も発情に伴う
ストレスから開放される。(特に発情期の鳴き声は集合住宅での生活の場合、深刻な問題となりえます)
去勢手術:
スプレイ行為・尿の刺激臭がほぼなくなる。性格的な変化として攻撃性が減退し、温和になり人との結びつきがつよくなる。(ただし生れついての個性まで変えてしまうものではない)
発情期のメスネコに反応して外出しなくなるため、喧嘩よるウイルス病の罹患、交通事故の確立が低くなる。前立腺肥大などオス特有の病気の発症率が低くなる。
手術による悪影響はほとんど考えらません。ホルモン代謝の変化により肥満する場合がありますが、術後の肥満に関しては他の原因(食餌量、間食、運動量)によることが多いようです。統計的には寿命が延びます。

手術の時期

将来的な病気の発症率を下げる意味では、メスでは最初のシーズンを迎える直前が良いとされていますが、その他にも考慮すべき問題があり、いつがベストかはその子によって異なります。生後5ヶ月くらいになって、手術をお考えのようでしたらご相談下さい。

避妊・去勢手術について

吸入麻酔による全身麻酔下での手術です。
メスで子宮・卵巣の摘出、オスで睾丸の摘出を行います。
手術は生体監視モニターを装着し、心電図・血圧・呼吸等をチェックしながらすすめますが、身体的に心配なことがある場合は、術前の検査を行います。
また、若い健康な子でも術前検査は有意義なことです。時間・費用はかかってしまいますが…。(興味がおありの方はスタッフにお尋ね下さい)

手術前:
前日の夜9時以降は絶飲絶食です。
手術日:
朝9時半までにご来院下さい。
退院:
傷のあがり具合によりますが、およそ1週間後に抜糸です(オスネコの場合は不要です)。
それまではカラーを着用するなどして、傷口を舐めさせないように注意して下さい。
詳しい注意は退院時にご説明しますが、翌日からほぼ普段どおりの生活ができます。
手術費用:
体重・手術時間によって違います。院内のリーフレットに費用例を表示しておりますのでご覧ください。
また、詳しくはスタッフにお尋ねください。

手術の流れ

” 待合室で別れてからうちの子に何がおこるのでしょう?” 去勢避妊手術の基本的な流れをご説明します。
(身体の状態には個体差があります。時間等につきましてはあくまでも目安とお考え下さい)

  1. 1手術前
    イメージ画像

    手術予定日からさかのぼって1週間以内に術前検査を受けていただきます。

  2. 2前日
    イメージ画像

    夜11時以降は絶飲絶食です。

  1. 3-1手術当日
    AM 9:30
    イメージ画像

    ご来院。変わったことがないか、絶飲絶食が守られたかをお伺いして問題がなければ入院室に入ります。

  2. 次へ
  3. 3-2AM 10:00~11:00
    イメージ画像

    視診・聴診・触診の後、点滴ラインを確保します
    (前肢に留置針を入れてテーピングします。手術中に異変が起きた場合、即座に静脈に薬剤を流すための用意です)
    必要な子は直ちに点滴を開始します。

  4. 次へ
  5. 3-3 AM 11:30
    イメージ画像

    鎮静剤を皮下注射します。個体差がありますが、周囲に対しての反応が鈍くなり、不安・恐怖心も薄らぎます。

  6. 3-4PM 0:00
    イメージ画像

    麻酔薬を静脈注射します。1~2分で眠ります。ここからは本人の意識・感覚はありません。完全に目が覚めたら入院室の なかということになります。 生体モニターをとりつけます。手術が終わり、麻酔が覚め始めるまで、心拍数・血圧・呼吸数・体温・動脈・血中の酸 素飽和量・呼気炭酸ガス濃度などをモニタリングします。 素飽和量・呼気炭酸ガス濃度などをモニタリングします。 抗生剤・鎮痛剤を皮下注射します。(鎮痛剤はおよそ24時間効果が持続します) 気管チューブをいれ吸入麻酔薬を流し始めます。 尿が貯まっているようであれば、膀胱を傷つけないようにカテーターを使い採尿します。 同時に別のスタッフが手術部位、その周辺の毛をバリカン、剃刀で剃り、無毛となった手術野の消毒を行います。 これ以後、手術部位は滅菌状態になりますから、使用する器具等はすべて滅菌済みのもののみが使われます。 術者は消毒薬による数回の手洗いの後、滅菌した手術着・手袋を身につけ手術にのぞみます。誤って未滅菌のものが触れて しまったらもう一度消毒のやり直しです

  7. 次へ
  8. 3-5PM 0:30
    イメージ画像

    手術開始。執刀医、麻酔、全身状態の監視者、外回りの看護師で手術を行います。(大型犬の場合、全身状態に問題がある子の場合はスタッフを増やすことがあります)。 メス犬・猫 - 開腹後、子宮を吊り出し、卵巣と子宮を摘出します。 腹腔内に出血のないことを確認し、生理食塩水・抗生物質で腹腔内を洗浄した後、縫合にはいります。 縫合はまず腹壁を閉じます。次に組織を埋没縫合といわれる手法で細かく縫い合わせていきます。 最後に、術後の腫れを計算にいれ皮膚を緩めに縫って終了です。皆さんが目になさるのは、この最後の皮膚の縫合ですから。万一、この糸が外れたからといっていきなりお腹の中が見えてしまうことはありません。 オス犬 - ペニス付け根の皮膚を切開し、精巣を引き出し摘出します。皮膚の切開部を縫合します。 オス猫 - 陰嚢(タマを包んでいる袋)の皮膚を切開し、精巣を摘出します。 切開から、縫合の終了まではおよそメスで20~60分、オスで15~30分くらいです。 潜在睾丸の手術の場合は術式、時間が上記とは異なります。 吸入麻酔薬の投与を中止し酸素に切り替えます。しばらく酸素をながし、麻酔から覚め始めたら気管チューブをぬき、生体監視モニターをはずします。問題なく麻酔から覚めつつあることが確認できたら入院室にもどります。必要に応じ、点滴、保温をしながら状態を見ていきます。通常ですとおよそ10~30分で、自力で立ち上がれるようになります。

  9. 次へ
  10. 3-6退院
    イメージ画像

    お迎え!です。


ページトップへ