完全予約制!(急患は随時受付け)CFC認定病院のまるつか動物病院

受付時間
9:00~12:00
15:00~19:00
※休診日:木曜・日曜午後・祭日
※完全予約制(急患は随時受付け)
045-832-4111(ヨイワンワン)

〒234-0054
神奈川県横浜市港南区港南台8-7-45

  • 電話
  • メニュー

犬の予防接種

イメージ画像

現在準備中です。もうしばらくお待ちください。

フィラリア予防

フィラリアの予防とは???

フィラリア症がどんな病気かはご存知のことと思いますが、ちょっとわかりずらいのが予防薬についてです。 フィラリア予防薬はイヌの体内に入って、しばらく時間の経過したフィラリアの幼虫をまとめて駆除します。 ノミ・ダニの予防薬のように、刺される前に服用し、その後の持続した効果を期待するものではありません。 ですから蚊に刺さされる前に投薬をしても意味がありませんし、蚊がいなくなったからといって投薬を止めてしまうのは危険です。

イヌに影響を及ぼすフィラリア生活環
  • 一定温度以上になると蚊の体内で、フィラリアの幼虫が犬への感染可能な感染幼虫となる。
  • 感染幼虫は蚊の吸血時にイヌの体内に侵入する。
  • イヌ体内の感染幼虫は3~10日で体内移行幼虫となる。
  • 体内移行幼虫は約70日で未成熟虫となる。
  • 未成熟虫は血液内にはいり、約50日で心臓に達した後、肺動脈に移行し子虫を産む。
フィラリア予防薬は・・・
  • 蚊に初めて刺された1ヶ月後に投薬を開始し、最後に刺された1ヶ月後に投薬を終了するのが適切です。 当院ではHUDという計算式にもとづいたデータに、前後2週間の幅をもたせ、感染幼虫を持った蚊の活動期間を、4月20日から11月20日と想定します。 したがって、予防薬は、[ 5月20日から・毎月1回服用し・12月20日で終了 ]となります。
  • 投薬を開始する前に、毎年必ず血液検査が必要です。 フィラリアに感染した状態で予防薬を服用すると、重篤な副作用を起こし死亡することもあります。 薬品の使用上の注意としても、投与前のミクロフィラリアの検査実施が明記されています。 *毎月きちんと投薬しても、ワンちゃんがこっそり吐き出したり、吸収されず未消化で排泄されたりと いった危険性があります・・
  • 現在認可されている予防薬には3つのタイプがあります
    • 内服タイプ - 月に1回服用します。
    • 注射タイプ - 半年に1回皮下注射します。
    • 滴下タイプ - 月に1回皮膚につけます。
    注射タイプのものは数年前に日本で認可され、一般で使われましたが、副作用(重篤な場合は死亡)の報告例があり、安心してお勧めできません。 滴下タイプのものも比較的新しい製品で、ノミ予防も同時にできるというメリットがありますが、臨床例が少ないこと、ダニには効果がないことを考えると、こちらもお勧めできません。 以上のような理由により、当院といたしましては、従来の内服タイプをお使いいただきたいと思います。 ただし、内服薬が適さないワンチャンは、どの薬がベストか獣医師とよくご相談下さい。

猫の予防接種

感染症と対応するワクチンの種類

猫のワクチン7種の感染症に対するワクチンがあり、ワクチンは3種、4種、5種、7種の混合ワクチンと単体のワクチンがあります。
室内飼いでもワクチン接種は必要です。飼い主が病原体を持ち帰る、万一の脱走等々、完全に閉鎖された空間でのみ暮らすわけではありませんから感染の危険はあります。

3種 4種 5種 7種 単体
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫クラミジア感染症
猫カリシウイルス感染症2種
猫免疫不全ウイルス感染症
狂犬病

当院では感染のリスク、副反応を考え合わせ、多くの猫には3種混合ワクチンをお勧めしています。
また、最新の研究報告により、猫のワクチンが腎臓に負担をかけることが明らかになったために当院は、室内飼いの成猫には3年に1回のワクチン接種が適切と考えます。
子猫、充分に免疫がとれていない猫、屋外に出る猫についてはこの限りではありません。

*“狂犬病”に驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、狂犬病はすべての哺乳動物に感染します。我が国での最後の発症例は昭和32年の猫でした。

ページトップへ