犬のしつけについて

典型的タイプに分けてみました。きっちりと、この分け方にあてはまる訳ではありませんが、ご自分のイヌをより知る手がかりになさって下さい。

[ ○ - 長所 ・ △ - 欠点 ・ □ - 育て方の注意点 ]

■ シャイで臆病な人見知りタイプ

ふだんは物静かに過ごしているが、知らない人が来たり不審な物音がすると過敏に反応する。


  • よその人が来るととても緊張する
  • ほかのイヌと仲良くできない
  • インターホンがなると激しく吠える
  • 知らない人がなでようとすると身をかたくする、逃げる


○ おとなしく従順なので、しつけがしやすく、命令に従わせやすい。
△ 屋外や新しい場所では、恐怖や警戒心から覚えたことを忘れてしまう。
知らない人やほかのイヌと仲良くなれない。
□ 恐怖や警戒の対象となるものに慣れさせるために、 人やイヌと会わせたり、いろいろな場所連れて行ったりする。ストレスを与えてしまわないように、急がずに、少しずつ社交性を身に付けさせる。

■ 陽気で人なつっこい友好的タイプ

とにかく人と一緒にいることが大好きで遊びも積極的。陽気でフレンドレーな半面、無視されたり、 一人にされるのが嫌い。


  • 散歩中、通りすがりの人に飛びつく
  • ほかのイヌを見るとすぐに寄っていく
  • 気を引くためにいたずらをする


○ 人なつこく、順応性が高いので知らない人にもすぐなれる。ほめるとがぜんやる気になるので、しつけやトレーニングがしやすい。
△ 興奮しやすく、我を忘れてしまう傾向がある。
□ 飼い主がより魅力的になるように、コツコツ努力する。

■ 好奇心旺盛なハイパワータイプ

好奇心旺盛で怖いもの知らず。目にしたものは何でも触れてみないと気がすまない。エネルギッシュで、運動が大好き。


  • すきさえあれば外に飛び出そうとする
  • ゴミ箱をあさる、盗み食いが好き
  • 留守中、室内を荒らしてしまう
  • 散歩中、車やバイクを追いかける


○ 新しいことに興味を持ちやすく、チャレンジ精神も旺盛。遊びながらしつけをするとどんどん身につく。
△ 退屈、運動不足になると、むだ吠えやいたずらなどの問題行動を起しやすい。
□ 充分な運動をさせ、エネルギーを発散させる。ただし、集中力が短いので飽きるほどやらせない。

■ わがままタイプ

自己主張が強くて束縛されるのが嫌い。言いなりになるとあっと言う間にわがままになる。


  • 触られることを嫌う
  • 散歩の途中、自分が行きたい方に勝手に歩こうとする
  • しかると反抗的になる
  • や場所を守ろうとする


○ 飼い主がリーダーシップをとれば、しつけがいのあるイヌになる。
△ 自分の思い通りにならないと攻撃する。
□ イヌの言いなりにはならず、しっかり規則を守って生活する。このタイプを叱ることは逆効果、おだててその気にさせるとうまくいくので、たくさんほめてあげる。

■ ご主人大好き飼い主依存タイプ

飼い主に対する愛情が深く、飼い主と離れるととても不安になってしまう。


  • イヌをほめると嫉妬する
  • よその人と親しげにすると間に割り込んでくる
  • 飼い主についてまわる
  • 抱かれている時に、ほかの人が手をだすとほえる
○ 飼い主と一緒にいることが好きなので、何でも良く覚える。
△ 飼い主の目が自分に向いていないと、自己主張する。留守番ができない。
□ 必要以上に抱いたり、撫でたりしない。一人でいることに慣らす。
飼い主以外の人と接する機会をふやす。

■ 要領のいい、ちゃっかり気まぐれタイプ

飼い主の考えを先読みして行動する傾向がある。 独立心がある。


  • 前を呼んでも反応しない
  • ご褒美を期待して行動する
  • 食べ物をねだる
○ 理解力に優れ、しつけの覚えが早い。
△ 自分がやりたくない時はやらないなど、結構気分や。
□ 一緒に遊ぶなど、楽しいことをしながら信頼関係を築く。

■ どこ吹く風におっとりタイプ

よそのイヌや人に対してフレンドリー。強調性があり、人にもイヌにも好かれやすい。見るもの、聞くものに対していちいち過敏に反応しないので、問題行動も少ない。


  • ほかのイヌに吠えられても動じない
  • 知らない場所でも平気でいられる
  • 物事にいちいち反応しない
  • 物静かで、行動がゆっくりしている
○ 穏やかで優しく、子供や高齢者にも扱いやすい。
△ 反応が遅いことがある。大らか過ぎて、一緒に遊ぶにはやや物足りないかもしれない。
□ パートナーとして一緒に暮らすには申し分のない素質をもっている。しっかりしつけをして、さらに能力を伸ばしていこう。

■ 忠実で賢いエリートタイプ

理解力が高く、性格も率直なので、飼い主の言葉や指示を良く覚える。


  • つけの覚えが早い
  • フリスビーやボール遊びが大好き
  • いろいろな特技をマスターする
  • 人見知りではないが、初対面の人には呼ばれてもすぐには近づかない
○ 集中力があり、覚えが早いので、トレーニングやしつけのしがいがある。
△ 物覚えが良い分、悪いこともどんどん覚えてしまう。
□ 新しい課題をどんどん与え、やる気と才能を伸ばしていこう。

“うちの子”はどのタイプでしたか? でも、どのタイプであろうと一番可愛いのはうちの子ですね。

柴内先生著「仔犬がわが家にやってくる」・ペットの行動クリニック 五十嵐先生のお話を参考にさせていただきました